2011年4月7日木曜日

夢醒めの後はユタ

劇団四季、秋劇場の演目は「夢から醒めた夢」のあとは「ユタと不思議な仲間達」だそうです。「ユタ」は座敷わらしが出てくる話で、岩手県(だとおもう。東北弁の細かい差は分からないのです。でも遠野物語があるから岩手かなと)で、父親が死んで都会から田舎に転校してきたひよわな少年ユタが、生まれてくる前に死んでしまった赤ちゃんの妖怪座敷わらしに助けられてたくましく成長し、友達もできるようになって、という物語です。東北が舞台なので、毎回、東京公演だけでなく、全国公演があるのですが、今回は東北地方出の上演は難しいでしょうね。できれば、被災している人たちにも見て元気になってほしいのですが。盛岡や秋田など大丈夫なところで上演しても見に来るのも難しいでしょうし。。。劇団四季がバスでも仕立てて、観劇ツアーをやってくれたらすごいですね。東京は放射性物質のことをのぞいたら、余震も少なくなり、計画停電も実施されていないので、平常モードに、少なくとも表面的に二はなっています。でも今日、家の下のくすり屋にいったら、まだ水はあかちゃんのいる家に優先、トイレットペーパーは1家庭1つ、と張り紙がされていました。ミルクを作るためにウォーターサーバーを借りる人も多いようですね。

2011年3月29日火曜日

「赤毛のアン」テレビ放映

劇団四季ミュージカル「赤毛のアン」がテレビ放映されました。前回舞台で観たキャストは、アン=吉沢理絵さん、、ギルバート=望月龍平さんでしたが、2人とも四季を退団しました。今回はアン=笠松はるさん、ギルバート=斉藤准一郎さんです。齋藤さんは、実は双子で、2人とも四季に入るので、いつも洋一郎さんと准一郎さんと、どっちだ?と分からなくなります。ジャニーズ系なかんでかっこいいです。前に見たのは、コーララインのマーク役だったようにおもうのですが、それも洋一郎さんだったのかもしれません。はるちゃんは、最初に「ユタ」の小夜役でみたときから考えると、ずいぶん洗練された感じになりました。アンは洗練された、という役ではないですが。丸顔なので、あんまり、痩せっぽちには見えないんですけれどね。マシュー日下さんとマリラ木村さんは変更無し。お二人に関しては、歌がどう、ということはもういいです。演技すごいです。絶対に泣く・・・「赤毛のアン」は構成がすばらしいのか、というと、原作の小説が好きな私としては、エピソードの選び方とか、順序とか、アボンリーの人たちのキャラクターとか、違うよなあ、と思うこともあります。アラン牧師夫妻が出てこないし。しかし、劇団四季オリジナル作品ではなく、ノーマン・キャンベル作で、プリンスエドワード島で地元の人たちによって上演されているものなので、勝手に変えられませんから、そこは仕方がないですね。音楽は、とくに印象に残るものではないですが、聴きやすいです。スペンサー婦人がメガネをかけているんですが、原作では、マリラは目が悪く、失明の可能性もある、ということになっています。めがねも使っているのですが、たぶん、緑内障ではないかと思われるので、めがねは本当は効果がないんじゃないかと。自分も強度近視で眼圧が高いので気になります。レーシックも、眼圧が高いと受けにくい、と聞いたことがあります。日ごろからレーシック受けているとき地震がきたらイヤだなあと思っていたのですが、この地震のときに受けていた人っていそうな気がします。そういう話は出てこないけれど。

2009年4月18日土曜日

イブ・サンローランの生涯をmusical化

シャネルの生涯は、映画「ココ・アヴァン・シャネルオ」ドレイ・トトゥ主演)により映像化され、日本でも鳳蘭主演でMusicalが上演されます。もう一人のフランスの伝説的デザイナー、イヴ・サンローランの人生もMusical化されるようです。。WWD紙によると、フランス人シンガーのアラン・シャンフォールと作曲家のピエール・ドミニク・ビュルゴーは、『クリスチャン ディオール』時代から自身のクチュールライン設立にわたり、イヴ・サンローランのサクセスストーリーを土台にしたMusicalを創作しているという。イヴ・サンローランの公私にわたるパートナーだったピエール・ベルジェは「Musicalの楽曲はとてもすばらしく、感動的だ」と感想を述べたそうです。
ということは、ブロードウェイMusicalではなく、フランスで上演される、ってことなんですよね?
パリではライオンキングが上演されていますが、ブロードウエイやウエストエンドの舞台ではなく、フランス発の作品、というと「壁抜け男」くらいしか思いつきませんが。

2009年4月16日木曜日

broadway-musical spring-awakening 映画化

6月13日から日本で公開される映画『ターミネーター4』のマックG監督が、broadway-musicalの人気作品spring-awakeningを映画化するかもしれない。ハリウッド・レポーター紙によれば、マックGがbroadway-musical spring-awakeningを映画化しようとspring-awakening舞台で作詞を担当したスティーヴン・セイターと企画を進めているそうだ。映画版では、マックGは監督のほかプロデューサーとしても参加する予定だ。これまで映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズやテレビドラマ「 スーパーナチュラル」を手掛けてきたマックG監督とbroadway-musicalはイメージが違うけれど、ミュージックビデオやCM界で成功を収めてきた監督は、少年少女たちの葛藤(かっとう)をロックに乗せて描くというspring-awakeningに興味を持ったのかもしれない。
 broadway-musical spring-awakeningは、19世紀末のドイツを舞台に、息苦しく退屈な毎日を送る若者たちの性の目覚めや思春期の悩み、大切な人を失う悲しみを描き、その過激な性描写から議論が巻き起こった衝撃作。日本でもスティーヴン・セイターが脚本を担当し、劇団四季により5月から公演が始まります。

2009年4月13日月曜日

musical Sunday-in-the-park-with-Georgeパルコ劇場公演

ピューリッツァー賞に輝いた、スティーヴン・ソンドハイムの傑作musicalSunday-in-the-park-with-George』パルコ劇場にて7月に開幕します。
Sunday-in-the-park-with-Georgeの舞台は19世紀末パリ。一人の画家がいました。その人の名はジョルジュ・スーラ。サロンと決別し、自らの手法とともに独自の創作活動を行った男。彼は「点描」という手法を用いて自分の芸術を創り上げました。そして、彼が残した傑作《グランジャット 島の日曜の午後》は、私たちに今なお多くの「言葉」を発し続けています。 その「言葉」にインスパイアされた一人の芸術家がスティーヴン・ソンドハイムです。そして彼はmusical『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』を創りました。スーラがこの絵の中に描いたものを珠玉のメロディと詞で書き綴ったのです。 一人の芸術家の人生とともに描く人々の人生。それらが交わる時、そこには壮大な「人生」というハーモニーが生まれる。それが『Sunday-in-the-park-with-George~日曜日にジョージと公園で~』です。 ソンドハイムの『太平洋序曲』でブロードウェイ・デビューを飾り、作家からの絶大な信頼を勝ち得た宮本亜門が『スウィーニー・トッド』から2年ぶりにソンドハイム作品を演出します。そして、ジョルジュ・スーラ(ジョージ)役には2007年末に劇団四季を退団し、今後の活動を注目されている石丸幹二。ジョージの恋人ドットには、三谷幸喜新作の『グッドナイト スリイプタイト』にも出演した戸田恵子。その他にも実力派が出演します。

2009年4月11日土曜日

broadway-musical Peter-Pan チケット発売開始

broadway-musical 、Peter-Pan の日本初演は1981年、主演は榊原郁恵でした。今年のPeter-Panは高畑充希で、8代目となります。TBS系テレビドラマ「金八先生」の田口彩華役で出演しています。ウェンディは神田さやか、フック船長は橋本じゅんです。
broadway-musical 、Peter-Panといえば、宙乗り。あ、宙乗り、という歌舞伎ですね。ワイヤーアクション。Peter-Panはかならず、女性が演じますが、少年のイメージなので、細くなければダメで、NHKの朝の連続ドラマ「まんてん」に出演してた、宮地真緒がbroadway-musical Peter-Panに出演したときには、別人のように劇やせしていて、びっくりしました。榊原郁恵はいまでもすごく細いですよね。
broadway-musical 、Peter-Pan の公演は、7月から東京国際フォーラムCホールで行われます。チケット申し込みは、チケットファン、ぴあなどで。

2009年4月10日金曜日

友達の息子さんがhighschool-musicalでthe-music-manに出演

highschool-musicalといっても、ディズニーチャンネルのあれではなくてですね。
アメリカに住んでいるお友達の息子さんが、
高校でhighschool-musicalに出演したんです。

演目は"The Music Man"。
The Music Man日本では野口五郎、戸田恵子主演で上演されたことがあるようです。

The Music Manの舞台は1912年アメリカアイオワ州の町リバーシティ。
ペテン師のはハロルドは、行く先々の町で少年バンドを結成するといって金を集めては
楽器やユニフォームを売りつけ、演奏指導の約束もするが、
実は、ドとレの違いもわからない。売るものを売ったらさようなら、というのが
常套手段だったが、
今回は町の学校の音楽教師、マリアンに本気で恋をしてしまい・・・

という内容です。

私は、ディズニー・チャンネルの「highschool-musical」で、
高校で本格的なミュージカルを上演するのは、イースト高校に特別なことだと
思っていましたが、お友達の話を聞くと、そうではないんですね。
写真も見ましたが、すごく本格的な舞台で、
子役は本当の子供をオーディションしたそうです。

そして、プレイビルに出す各家庭の広告が、
"We love you"という子供へのストレートなメッセージになっているのが
アメリカらしいです。