2009年3月23日月曜日

broadway-musical ココ 主演鳳蘭で40年ぶりの上演

broadway-musical 世界的ファッションブランド・シャネルの創業者ココ・シャネルの生涯を描くミュージカル「COCO」が、主演鳳蘭、脚本・演出G2で上演されます。 broadway-musical 「ココ」は1969年にキャサリン・ヘプバーンの主演でbroadwayで上演され、トニー賞2部門を受賞する人気musicalでしたが、その後はbroadwayでは上演がなく「幻のmusical 」となっていました。これは、意外。
今回、日本での上演が40年ぶりの舞台となります。
先日行われたスチール撮影では、主役のココにふんした鳳蘭が
「ココ・シャネルは世界中の誰もが知るファッションリーダー。彼女に限らず、世界に名をとどろかせる人は、大きなプレッシャーの中で生きていると思います。」とココの役柄を分析。「得られたプラスが大きければ、同じだけマイナスも大きかったはず。そういった部分を掘り下げて、人間的なシャネルを演じたいです」と意気込みを語りました。ファッションリーダー、シャネルを描いた作品だけに、舞台の衣装も楽しみですね。シャネルからの提供もあるのではないでしょうか。broadway-musical「ココ」上演は東京・ル テアトル銀座で7月6~20日となります。

0 件のコメント:

コメントを投稿