2009年3月17日火曜日

broadway-musical レント千秋楽のDVD

アメリカのアマゾンで、日本未発売の、broadway-musical レント千秋楽のDVDを買いました。我が家のプレイヤーはリージョンコードフリーなので、アメリカのリージョン2のディスクも再生できます。
もともと、レントはoff-broadway-musicalから始まった作品ですが、broadway初日の2日前に作者のラーソンは過労で亡くなりました。つまり、この1作品しか残らなかったんですね。それだからなのか、別にストーリーの状況設定に共感するところはほとんどないのに、何かが胸に迫ってくるのです。オペラ「ラ・ボエーム」の翻案、というのもすごくいいと思います。
DVDは、broadway-musical レント千秋楽日の、舞台の画像と、別取りした映像をうまく組み合わせて、舞台映像にありがちな平坦さがなく、臨場感のある仕上がりになっています。こういうタイプの映像は、初めて観ました。broadway-musical はあちらで見ても、招聘公演でも、すごい人がいる一方で、ハズレも結構あります(その点では、劇団四季は本当、ムラがない、アンサンブルも綺麗、と小粒ながら日本人好みの肌理の細かさがあると思う)。まあ、招聘公演は言い方は悪いですが出稼ぎだからね・・・このDVDは、さすがの千秋楽キャストで、全員ものすごくうまいです。broadway-musical の層の厚さを感じました。客席のテンションもすごい。いい買い物しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿