2009年4月2日木曜日

【American-Idiot】のmusical化9月カリフォルニアで開幕

2004年にリリースされ、1,300万枚を売り上げたGreenDayの大ヒット・アルバム『American Idiot』がmusicalの舞台になります。   イギリスの大手音楽メディア〈NME.com〉によると、このmusicalはロック・musical「春のめざめ」の監督であるマイケル・メイヤーとバンドのコラボレーションで実現しました。2009年9月には、カルフォルニアのBerkeley Repertory Theatreで開幕し、当初はbroadwayでも、offbroadwayでもないんですね。  GreenDayのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングは、ニューヨークタイムズで、「これにはそんな大層な意味があるわけじゃないけど、そこがいいんだよ。みんながこれを観てくれたら、俺にとっては途方もない夢が叶ったみたいだね」。またマイケル・メイヤーも、以下のように語っています。「ずっと僕の頭の中にあったアイデアなんだ。〈春のめざめ〉をやっているときに、なんで(『American Idiot』収録曲の)“Boulevard Of Broken Dreams”みたいなグルーヴを出せないんだ? って言いたいときもあったくらいだ」。    なお、musical American Idiotは、カリフォルニアでの公演が成功を収めた場合は、ブロードウェイへと移る可能性もありそう。

0 件のコメント:

コメントを投稿